外食のフレンドリー、社員8割対象に希望退職

2020/6/12 17:14
保存
共有
印刷
その他

関西で居酒屋やうどん店などを展開する外食チェーンのフレンドリーは12日、正社員や再雇用社員を対象に約110人の希望退職を募集すると発表した。全社員(約130人)の8割強に相当する。全70店のうち41店を順次閉店するのに伴い人員を減らす。希望者には親会社のジョイフルへの再就職を支援する。

同日発表した2020年3月期の単…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]