南シナ海の中国 抑止には連携 J・スタブリディス氏
元NATO欧州連合軍最高司令官

村山 宏
Asiaを読む
編集委員
2020/6/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

過去20年、中国は南シナ海で「戦わずして勝つことが上策」という、孫子の兵法を思い起こさせる戦略をとっていた。しかし、こうした姿勢は変化しつつあるようだ。米国が世界の指導的地位を放棄したことに伴う混乱のなかで中国は大胆になり、攻撃的な姿勢を強めようとしている。

中国は最近、海軍力などを使って南シナ海沿岸国、特にベトナムとフィリピンに圧力をかけている。4月初めには中国海警局の船艇がベトナムの漁船に体…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]