/

この記事は会員限定です

コロナ禍、家庭で国産花火を 静岡の井上玩具煙火

[有料会員限定]

井上玩具煙火(静岡県島田市)は17日、初の自社ブランドとなる手持ち花火の詰め合わせを発売する。新型コロナウイルスの影響で花火大会の中止が相次ぐ中「日本の情緒が詰まった手持ち花火で家族の絆を深めてほしい」(井上吉勝社長)と開発を決めた。

商品名は「駿河伝統花火義助(よしすけ)」。金色の鈴が舞うように見えたり、火花が柳の枝のように舞い散ったりする5本をセットにした。包装は黒を基調にして高級感を演出する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り249文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン