偽装フリーランス懸念も 働き方多様で安全網に穴

2020/6/12 15:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに広がるフリーランスで、労働環境の悪化が指摘されている。コロナ下で収入減や取引停止などが多発している。被雇用者ではないにもかかわらず、実質的に企業側の指揮命令下にある「偽装フリーランス」が横行する懸念も出ている。

内閣官房の2020年調査では、副業を加えた広義のフリーランス人口は462万人に上る。クラウドソーシング大手、ランサーズでは20年4月の登録者数が1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]