千葉県、酒類の提供時間の制限解除 12日から

2020/6/12 15:02
保存
共有
印刷
その他

千葉県は12日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて飲食店に協力を求めていた酒類の提供時間の制限を同日付で解除すると発表した。県内の新規感染者数がゼロか1桁台で推移していることや、東京都が同日から飲食店の時短営業の制限を午前0時までに緩和したことを踏まえた。

報道陣の質問に答える森田知事(12日、千葉県庁)

県は4月18日以降、酒類提供を午後7時までに制限するよう要請していた。緊急事態宣言の解除を受け、5月26日以降は同10時までに緩和した。

県は独自の基準に基づき、休業要請を5月末から段階的に解除。飲食店への協力要請解除は県外客の流入を防ぐため、周辺都県と足並みをそろえる考えを示していた。森田健作知事は県民や飲食店に向け、「『3密』防止や手洗い、換気などを頭に入れながら楽しんでほしい」と述べた。

接待を伴う飲食店やライブハウスなどへの休業要請は当初予定通り19日に解除する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]