/

この記事は会員限定です

英・カナダが脱ファーウェイ NEC参入の好機

[有料会員限定]
日経クロステック

米国が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への規制強化を発表した5月以降、同社に対する逆風が世界で強まっている。ファーウェイ採用を容認してきた英国などで一転して排除の声が高まっているからだ。基地局市場ではファーウェイの置き換えを狙った競争が激しくなってきた。足元では大手のスウェーデン・エリクソンが漁夫の利を得るが、オープン仕様を掲げるNECなどに参入の好機がやってくるかもしれない。

揺れる英国、「23年に完全排除」報道も

ファーウェイ容認の方針を示してきた英国が揺れてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2877文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン