関西電力、旧経営陣を提訴へ 金品受領問題は法廷へ

2020/6/12 14:13 (2020/6/12 19:33更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力が金品受領問題に関わる旧経営陣に損害賠償を求める訴訟を起こす方針を固めたことが12日分かった。監査役会が設置した取締役責任調査委員会(委員長=才口千晴弁護士)が善管注意義務違反を認定した旧経営陣5人の提訴を視野に入れている。原子力発電所に絡む「原発マネー」への不信感を招いた不祥事は、法廷で旧経営陣の民事責任が追及される事態に発展する。

15日に臨時監査役会を開き、対象者や請求額を決定する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]