/

この記事は会員限定です

宮城・南三陸のカキ養殖 適正生産図り品質改善

海と水辺の散歩

[有料会員限定]

志津川(しづがわ)湾は、宮城県南三陸町に囲まれた湾である。寒流系のマコンブや暖流系のアラメなどが藻場をつくり、磯根資源のアワビやウニが育つ、静謐(せいひつ)で豊かな湾だ。日本有数の養殖の漁場としても知られ、主にギンザケ、カキ、ワカメが町の4カ所にある宮城県漁業協同組合の支所・出張所を拠点に生産されている。

東日本大震災前、町の南端にある戸倉出張所の海面には、過密なほどにカキ養殖筏(いかだ)が設置さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り787文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災10年へ

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン