/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]サムスン、トップ逮捕でも経営には響かず

[有料会員限定]
Financial Times

米国の有力アクティビスト(物言う株主)であるエリオット・マネジメントは、閉鎖的な財閥経営を批判して韓国でよく知られるようになった。だが5年たった今、現代やサムスンなどの財閥に反対する運動はほとんど成果がみられない。エリオットの韓国での投資結果はひどい状態だが、同社はそれを韓国政府と年金基金のせいにしてきた。今、韓国の検察がエリオットを後押ししている。

エリオット、韓国政府に賠償請求

2015年、サムスンとの委任状争奪戦に敗れたエリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1328文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン