外食大手、FC店の資金繰り支援 壱番屋は保証金を廃止
新型コロナ・中部の衝撃

2020/6/12 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部の外食各社が新型コロナウイルスの感染拡大で客数減少に直面するフランチャイズチェーン(FC)加盟店の支援に力を入れている。カレーチェーンの壱番屋は加盟店から預かる保証金を廃止し、物語コーポレーションは経営指導料の支払いを一時的に免除した。加盟店の資金繰りを支え店舗網を維持する。

外食企業のFC店制度は各地域に詳しい個人や企業と加盟契約を結び、店を増やす仕組みだ。加盟店は本部にロイヤルティー(経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]