/

この記事は会員限定です

コロナでGDP10%減、100万社の取引ネットから試算

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための営業自粛や工場・オフィスの閉鎖が1年続くと、日本の国内総生産(GDP)は前年比約10%減少する。経済物理学者の高安美佐子・東京工業大学教授と帝国データバンクなどの研究グループは国内約100万社の取引ネットワークのデータを使い、新型コロナ対策が日本経済に与える影響を試算した。

高安教授らは帝国データバンクが蓄積した企業間の取引関係をネットワーク化したモデル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン