私立校教員、忘れられた「労働基準法」

働き方改革
法務インサイド
2020/6/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染による休校が明け、1日から首都圏など多くの学校で授業が再開された。こうしたなか、長時間労働に拍車がかかる懸念が出ているのが私立校の教員だ。私立校は労働基準法が完全に適用されるが、残業に必要な三六協定が未締結だったり、公務員である公立校にならって残業代を抑え込まれたりしている例が目立つ。各地の労働基準監督署も問題視している。

■疲弊するICT担当

大阪府の私立高校で働く30代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]