/

気候変動を「気候危機」と表現 環境白書

(更新)
小泉環境相は気象災害が激化しているとして「気候危機宣言」を発表した(12日、環境省内)

政府は12日、2020年版「環境・循環型社会・生物多様性白書(環境白書)」を閣議決定した。気候変動の影響とみられる災害が激化していることから、人類を含む全ての生き物の生存基盤を揺るがす「気候危機」が起きていると強調した。小泉進次郎環境相は同日の閣議後の記者会見で「環境省として気候危機宣言をする」と述べた。

白書では、気候変動問題を世界が直面する新型コロナウイルスの感染拡大と同様の危機と捉え、脱炭素社会への移行が最重要だと訴えた。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」が20年から本格運用されたのを受け、政府や自治体、企業が再生可能エネルギーの活用など脱炭素の取り組みを強化するよう求めた。

またプラスチックの使い捨てをやめたり植物素材に切り替えたりすることが重要だと指摘した。小売店を対象に、プラスチック製レジ袋の有料化義務付けが20年7月から始まるのを機に、消費者の生活様式の変革を促したい意向を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン