/

NTTデータ、IoTなど3領域でグローバル横断組織

日経クロステック

NTTデータは11日、グローバルでデジタル技術の情報を集約するための組織「CoE(センター・オブ・エクセレンス)」を、新たに3領域で立ち上げたと発表した。新たに加えたのは、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」、ヒトと機械の協業を推進する「インテリジェント・オートメーション」、ソフトウエアの開発を自動化する「ソフトウエア・エンジニアリング・オートメーション」の3つで、同社のCoEは合計7領域になる。

CoEは同社グループ全体を横断した仮想的な組織で、最先端の技術や知見を集約し、高度な専門人材を育成する狙いがある。同社は2019~21年度の中期経営計画で、グローバルなデジタル事業強化策の柱の1つにCoEを掲げており、既に「ブロックチェーン」「デジタルデザイン」「アジャイル/DevOps(デブオプス)」「人工知能(AI)」の4領域でCoEを設けている。

今回設立した「IoT CoE」はドイツのグループ会社アイテリジェンスを中心に9カ国・10拠点の約20人の体制で始める。「インテリジェント・オートメーション CoE」は米NTTデータ・サービシズを中心に8カ国・約20人の体制で開始し、「ソフトウエア・エンジニアリング・オートメーション CoE」はスペインのグループ会社エヴェリスを中心とした7カ国・約70人の体制で取り組むという。

「CoEが存在する7領域で、2022年3月までにグローバルの受注累計1000億円への貢献を目指す」(NTTデータ広報)としている。

(日経クロステック/日経コンピュータ 鈴木慶太)

[日経クロステック 2020年6月11日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン