/

シリア大統領、首相を罷免 経済危機が深刻化

【ドバイ=共同】シリアのアサド大統領は11日、ハミス首相を罷免した。国営シリア・アラブ通信が伝えた。2011年から続く内戦と欧米諸国の制裁で経済危機が最近深刻化しており、この状況を受けた措置とみられる。

シリアでは大統領が首相を任免。ハミス氏は16年から務めていた。7月に予定されている人民議会選までアルヌース水資源相が首相職を兼任する。

大統領府は突然の罷免の理由を明らかにしていないが、シリアでは最近、通貨シリアポンドが対ドルの実勢レートで暴落し、物価は高騰。アサド政権の支配地域である南部スワイダで生活苦への抗議デモが起きたと伝えられていた。

人民議会選は当初4月に予定されていたが、新型コロナウイルス感染症の対策を優先するため、2度にわたり延期されている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン