古河電工、供給網の見直しに着手 中計達成は不透明

2020/6/11 23:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

古河電気工業はサプライチェーン(供給網)の見直しに着手する。11日に開いた2020年度までの中期経営計画説明会で、同社の小林敬一社長は「供給網の多重化を進める」と強調した。

新型コロナウイルスの影響拡大により中計の利益目標の達成は遠のいている。ただ、光ファイバーや自動車向けワイヤハーネスなど成長分野の強化を継続するとともに、コロナ後を見据えた体制作りを進めて難局を乗り切る考えだ。

「供給網を断絶…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]