/

サンリオ、創業来初の社長交代 辻朋邦専務が昇格へ

サンリオは11日、辻朋邦専務(31)が7月1日付で社長に昇格する人事を固めた。社長交代は1960年の同社創業以来、初めて。創業者の辻信太郎社長(92)は代表権のある会長に就く。信太郎氏は孫である朋邦氏とともに引き続き経営にあたる見通しだ。

創業者の辻信太郎社長は代表権のある会長に就き、引き続き経営にあたる

サンリオは60年、山梨県庁を退職した信太郎氏が創業した。74年には同社の代表的なキャラクター「ハローキティ」が誕生し、キャラクタービジネスを日本に根付かせた。

朋邦氏は信太郎氏の孫に当たり、14年にサンリオに入社。企画やマーケティング部門の幹部として経験を積んできた。ハローキティや「ポムポムプリン」「シナモロール」など、保有するキャラの競争力を高める戦略を推進している。

足元では新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に経済が落ち込み、キャラのライセンスビジネスを巡る環境は厳しさを増す。まずは苦戦する欧米でのビジネスの立て直しなどに取り組む。

信太郎社長の孫にあたる辻朋邦専務が社長に昇格する

辻 朋邦氏(つじ・ともくに)2011年(平23年)慶応大文卒、14年サンリオ入社、16年取締役、17年専務。東京都出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン