/

この記事は会員限定です

中国合弁揺れるアーム トップ人事巡り対立か

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)傘下で英半導体設計大手のアームが、中国合弁のトップ人事を巡って揺れている。英本社が「不適切な行為が確認された」として合弁のアレン・ウー最高経営責任者(CEO)の解任を発表。合弁側が否定するなど内部対立の様相を呈しており、SBGの成長戦略への影響も懸念される。

アームは9日、中国合弁アーム・チャイナの取締役会がウー氏の解任を賛成多数で決めたと発表した。合弁側は10日「アーム・チャイナは中国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン