/

この記事は会員限定です

米、政府調達の不正監視 コロナ経済対策で警戒

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の影響を抑えるための予算をめぐり、日本では民間への業務委託などに不透明な点があると指摘されている。新型コロナ対策として2兆ドルの経済救済策を取る米国では、司法省などが政府調達に関する不正の監視を強めている。民間を活用した効率化は欠かせないが、透明性の確保が重要だ。日本にとってもヒントになる動きだろう。

3Mの正規代理店装う

新型コロナ対策費は様々な業界や個人への経済支援に充てられる。直接的な給付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1415文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン