/

この記事は会員限定です

段ボール古紙、中国向け輸出価格下落 欧米で回収再開

[有料会員限定]

段ボールの原料となる段ボール古紙の輸出価格が下落した。足元の中国向け価格は前月より1割安い。新型コロナウイルスの感染拡大で都市封鎖が広がっていた欧米で経済活動が再開。欧米産古紙の回収が進んで中国や東南アジアへの供給量が戻りつつあるためで、日本からの供給余地が狭まった。アジアで段ボール箱の需要も弱く、古紙の荷動きを鈍らせている。

日本から中国への段ボール古紙の輸出価格は現在1キログラム12.5円。前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン