楽天 電子署名システムを導入へ

2020/6/11 19:06
保存
共有
印刷
その他

楽天は11日、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、今後、電子署名の手続きを導入すると発表した。国内で約1万4000人が働いているが、金融部門を除き、在宅勤務を原則とする対応を続けている。契約業務などで必要な押印や署名について、社内外での電子システムの導入を進める。

楽天は原則として、在宅勤務を続け、電子署名システムも導入する(東京・世田谷の本社)

オフィスで必要な業務を減らし、担当役員や新型コロナの対策本部が出社人数の上限を定める。電子署名システムの導入時期は明らかにしていないが、「なるべく早期に実用化する」(楽天)という。新型コロナ対応では飲食店の持ち帰りの支援サービス、動画配信によるイベントの開催サービスなども広げている。(工藤正晃)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]