高校生就活、1カ月遅れ 新型コロナで準備に支障

2020/6/11 19:06
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は11日、来春卒業予定の高校生の就職活動について、企業による採用選考の開始を当初の9月16日から1カ月遅らせ、10月16日からとすると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校を受け、高校生の就活準備に支障が出ていることを考慮した。

高校生の就活を巡っては採用の早期化を防ぎ、教育の充実を図るため、あらかじめ選考日程を統一。今年は企業から学校への求人申し込みを7月1日、選考開始を9月16日としていた。

就職を希望する高校生は例年、年度初めの4月から8月にかけて進路指導や三者面談、事業所訪問などの準備を進めているが、今年は休校や分散登校のため準備期間が短くなってしまうため、高校側から開始を遅らせるよう求める声が出ていた。

厚労省と文部科学省は準備期間の確保に向け、経済団体や全国高等学校長協会と対応を協議していた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]