/

この記事は会員限定です

米中ハイテク摩擦、サムスンに「漁夫の利」も

[有料会員限定]

ハイテク産業を巡る米中対立が激しさを増すなか、韓国サムスン電子が「漁夫の利」を得る構図となっている。スマートフォンや半導体で中国勢に追われるサムスンにとって、米国の制裁が思わぬ援護射撃となったためだ。華為技術(ファーウェイ)らの先端半導体の開発・生産が足止めされ、サムスンの二本柱であるスマホと半導体事業は当面は盤石といえそうだ。

台湾積体電路製造(TSMC)による米国工場建設、米国によるファーウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン