保健所、遅れるシステム刷新 感染者の迅速把握に壁

2020/6/11 23:00 (2020/6/12 5:53更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、厚生労働省は感染者情報を全国の保健所を通じ一元管理する新システムを5月末から稼働させた。自治体による刷新は遅れ、独自システムで先行する一部の自治体では仕組みが重複する懸念もある。対策の要である感染者の迅速な把握はなお課題だ。

感染者数の登録を開始している自治体は、まだ10程度――。厚労省で新型コロナ対策にあたる担当者は10日、感染者情報を管理する新システム「H…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]