大阪都構想、住民投票へ攻防再開 制度設計大詰め

2020/6/11 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪市を廃止し特別区に再編する「大阪都構想」の制度設計が大詰めを迎えている。2015年以来となる2度目の住民投票が11月にも実施される見込みだが、新型コロナウイルスの「第2波」も懸念されるなかで住民を集めての説明会などは開きにくく、推進派は活動本格化の時期を慎重に探る。一方、反対派は「住民投票よりコロナ対策が先」と攻勢を強める。

■維新・公明 コロナ下、活動時期探る

都構想を推進する大阪維新の会は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]