「リーマン時とトヨタは違う」 社長就任12年で見えた課題

2020/6/11 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車の豊田章男社長が就任から12年目を迎えた。11日の定時株主総会では新型コロナウイルスの感染拡大について「(2008年秋の)リーマン・ショックを上回る危機」としたうえで、「トヨタは大丈夫。当時と今のトヨタは違う」と、これまで磨き上げてきた競争力を改めて強調した。

09年の就任以降、米国発の品質問題や東日本大震災、「100年に一度」と言われる先端技術の開発など、経営環境は多くの危機ととも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]