/

三菱電機、200億円投じパワー半導体の工場新設

三菱電機は11日、鉄道や自動車、家電などで電力を効率よく制御するパワー半導体の工場を新設すると発表した。シャープが持つ福山事業所(広島県福山市)の一部の土地や建屋などを取得し、パワー半導体の製造拠点とする。稼働予定は2021年11月。土地や建屋、既存設備の取得のほか、今後の設備投資を含めて約200億円を投じる。

半導体の製造プロセスの中で、シリコンウエハーの表面に酸化膜や金属膜を重ね合わせたり、回路パターンを転写したりする前工程を担う。前工程は半導体の性能などを左右する部分で、現在は福岡県や熊本県などにある国内拠点で手掛ける。

パワー半導体は世界的な省エネや環境保護意識の高まりに加え、自動車の電動化で需要が増えている。工場の新設でパワー半導体の生産能力を拡大し、需要増に応える。(井原敏宏)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン