米M&Aに政権交代リスク浮上 民主の規制案に警戒

米大統領選
金融最前線
2020/6/11 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】米国のM&A(合併・買収)市場で、11月の米大統領選での政権交代リスクが意識され始めた。野党・民主党の有力議員らが、新型コロナウイルス感染拡大さなかの企業再編について「寡占化が一気に進む」などと反対姿勢を強めているからだ。トランプ大統領が再選されなければ、M&Aに一定の規制がかかるとの観測も出てきた。

市場関係者が意識する政権交代リスクの一つは法人税制の変更だ。トランプ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]