マウスで「人工冬眠」成功、ヒトでも? 筑波大など

2020/6/11 18:00
保存
共有
印刷
その他

筑波大学の桜井武教授らは、刺激すると冬眠に似た状態に導く脳の神経回路をマウスで見つけた。マウスは冬眠しないが、体温や代謝が数日間にわたって低下して冬眠のような状態になった。この神経回路はヒトを含む哺乳類全般にあるという。人工冬眠の実現につながる成果で、英科学誌ネイチャー(電子版)に発表した。

「Q神経」を刺激したマウス(右)は通常のマウス(左)と比べて体温が著しく低く、冬眠に似た状態になった(筑波大学提供)

「Q神経」を刺激したマウス(右)は通常のマウス(左)と比べて体温が著しく低く、冬眠に似た状態になった(筑波大学提供)

研究チームはマウスを遺伝子操作し、脳にある「Q神経」と呼ぶ部分が特定の物質に反応するようにした。この物質でQ神経を刺激したところ、約37度だった体温は12時間後には約24度と外気温近くまで下がった。ほとんど動かなくなり、酸素の消費量も通常の8分の1ほどに下がるなど冬眠に近い状態になった。

この状態は繰り返し導くことができ、マウスの組織や行動には異常がなかった。体が10倍大きいラットでもQ神経を刺激すると、冬眠に似た状態になった。ヒトでも薬を開発できれば冬眠のような状態に誘導できるとみている。

人工的に冬眠状態にできれば、救急患者の搬送に使えるほか、長期の宇宙飛行に活用するなどSF小説の世界が実現する。政府は人工冬眠を野心的な研究課題の候補に掲げていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]