前提の変化にゼロから挑め 椎橋徹夫氏
Laboro.AI最高経営責任者(CEO)

私見卓見
2020/6/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる景気の落ち込みに対し、私のようなスタートアップの経営者の間でも悲観論が多く聞かれる。経営者には足元の売り上げの減少や雇用環境の悪化に対処する責任もあるが、より長期的な課題にも挑まなければならない。それは新型コロナによる前提条件の変化を捉え、自社のビジネスのあるべき姿をゼロから見直す責任である。

技術開発分野ではしばしば「スクラッチ」という言葉が用いられる。引っかくを意味す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]