/

この記事は会員限定です

前提の変化にゼロから挑め 椎橋徹夫氏

Laboro.AI最高経営責任者(CEO)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる景気の落ち込みに対し、私のようなスタートアップの経営者の間でも悲観論が多く聞かれる。経営者には足元の売り上げの減少や雇用環境の悪化に対処する責任もあるが、より長期的な課題にも挑まなければならない。それは新型コロナによる前提条件の変化を捉え、自社のビジネスのあるべき姿をゼロから見直す責任である。

技術開発分野ではしばしば「スクラッチ」という言葉が用いられる。引っかくを意味する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン