/

この記事は会員限定です

西村秀一仙台医療センター・ウイルスセンター長に聞く

史上最大のワクチン事業 ~その挫折と教訓~

[有料会員限定]

米国での大規模ワクチン事業の挫折から何を学ぶべきか。事業の検証報告書を翻訳し、「豚インフルエンザ事件と政策決断」(時事通信社刊)として日本に紹介した西村秀一仙台医療センター・ウイルスセンター長に聞いた。

◇  ◇

――1976年の出来事からは、流行が起きるかどうか不確実な状況での意思決定の難しさを感じます。

予測が外れたら厳しく批判されます。意思決定者は孤独だと腹をくくらなければならない。そして、一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3413文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン