史上最大のワクチン事業 ~その挫折と教訓~
1976年、米で新型インフル流行の恐怖

井上 亮
2020/6/15 14:33
保存
共有
印刷
その他

1976年、米国で新型インフルエンザ流行に備え、全国民2億人以上の予防接種をめざす史上最大のワクチン事業が実施された。しかし、副作用事例の頻発などで事業は中止され、結局流行も起きなかった。公衆衛生の歴史に大きな教訓を残したこの出来事は、専門家の意見と政策決断のあり方などで重い課題を突きつけており、現在の新型コロナウイルス政策に通じるものがある。

◇  ◇

76年1月、ニュージャージー州の陸軍訓練施…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]