/

この記事は会員限定です

ルネサス、「年1000億円返済」が迫る在庫カイゼン

証券部 増田咲紀

[有料会員限定]

車載用半導体大手、ルネサスエレクトロニクスが現金を稼ぐ力を高めている。2020年1~3月期の営業キャッシュフロー(CF、営業活動で生じる現金収支)は前年同期比39%増の287億円だった。在庫管理の高度化を通じて余分な在庫を圧縮したことで、製品販売で得る利益が現金収入につながりやすくなった。在庫カイゼン活動による現金収入の確保を進める背景には、大型買収で背負った年1000億円規模の借入金返済というプレッシャーがある。

「事前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1421文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン