/

首相、給付金委託で「中抜き」否定

参院予算委

参院予算委で答弁する安倍首相(11日午前)

安倍晋三首相は11日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス対策で中小企業に配る「持続化給付金」の業務委託の過程で「中抜き」があったとの指摘を否定した。「仲介に入っている業者が懐に入れるものでは全くない」と語った。

立憲民主党の蓮舫氏は769億円で受託した「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」が749億円で電通に再委託した問題を中抜きと批判した。首相は「(差額となる)20億円の中の15億円は(銀行への)振込手数料ということになる」と説明した。

梶山弘志経済産業相は「色々な疑念を受け止め、中間検査と最終検査をさらに厳重にやる体制を組んだ」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン