/

この記事は会員限定です

宇都宮大学長「キャンパスの意味 再考を」

コロナ危機 地方揺らぐ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染収束に向け、多くの社会経済活動は徐々に正常化しつつある。ただ、広範囲から学生が通う大学は感染リスクの懸念から、いまも通常の授業や研究活動の再開時期を見通せずにいる。宇都宮大学(宇都宮市)も全学でオンライン授業の実施を迫られたが、石田朋靖学長は「大学教育の新たな可能性も見えてきた」と手応えを話す。

――オンライン授業はどのように実施していますか。

「基本はパワーポイントの講義...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り787文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン