/

広がる「コロナ離職者」仲介、札証は250社掲載

新型コロナウイルスの影響で、失業したり休職したりした人の雇用を支援する動きが官民で広がっている。北海道や札幌商工会議所は失業者らの雇用を橋渡しするサイトを4月に開設し、延べ約50人を就職に結びつけた。企業が農家に社員を派遣する独自の取り組みも広がる一方で、マッチングに課題も出てきた。

北海道は新型コロナによる休職者らを支援するため、企業が短期の求人情報を載せられる「北海道短期おしごと情報サイト」を4月下旬に開設した。利用の落ち込む観光業の労働者や、解雇されたアルバイトの学生らを対象に最長6カ月の求人情報を提供する。副業を目当てに求職する人も見込んでいて、これまで100社以上の求人を載せ、27人が就職した。

新型コロナで職を失った人を支援したいと同サイトに求人情報を載せた札幌市内の運送会社は5月、サイトを見て応募した男性を採用した。当時男性は札幌市内のホテルに勤めていたが、客足が途絶えて自宅待機が続いていたホテルの先行きに不安を感じ、転職を決めた。

宅配業務をこなす男性について同社の社長は「最初は観光業と全く違う業務で不安もあっただろうが、よく働いてくれている」と満足そうに話す。

北海道労働局によると4月の道内の有効求人倍率は0.97倍と約4年ぶりに1倍を割り込んだ。新規求人数が22%減るなど業績の悪化で採用を押さえる企業が出始めた。一方、道のサイトに求人情報を載せる企業の中には新型コロナで人手不足が顕著になった例も多い。

特に外国人技能実習生を受け入れられていない農業や水産業は深刻だ。道内のある水産加工業者は3月と6月に中国とベトナムから複数の実習生を受け入れる予定だったが来日できずにいる。箱詰め作業など従業員が抱える仕事は増えていて「人手不足の状況は今も変わらない」と焦りを見せる。

札幌商工会議所も4月下旬に企業の求人情報を集めた「ジョブボード北海道」を開設した。サイトには「未経験者歓迎」「コロナ終息までのつなぎから長期勤務まで相談にのります」などといった紹介文とともに雇用形態や業務内容が示されている。6月4日時点で約250社の情報を掲載し、約20人が就職した。

企業も異業種の人手不足への対応を進める。石屋製菓(札幌市)は10月末までの5カ月間、若手社員らを道内の農業法人に派遣する取り組みを始めた。農業とのつながりが強い同社にとって社員の研修になるとともに、人手の足らない農作業をまかなえる。

求人情報や人員派遣が充実するなか、失業、休職した求職者とのマッチングの難しさが課題となっている。「多くが以前と同じ仕事を希望する傾向にある」。4月20日に設置し延べ190件の相談が寄せられた札幌市の「新型コロナ特別就業専門相談窓口」の担当者はこう語る。観光業を中心に、異業種への転職よりも慣れた職種を求めて業績の回復を待つ人も多い。

企業によっては社員に休業中の副業をそもそも認めていないのも壁となる。自宅待機などの休職期間がいつ解除になるかわからず、求職活動に踏み切れない人もいる。

北海道労働局によると5月22日までにハローワークが把握した道内の休職者は3万人超。新型コロナの影響が長引けば状況はより深刻になり、踏み込んだ対応が必要だ。

(塩崎健太郎)

新型肺炎

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません