ブルーイノベーション、6億円調達 工事点検にドローン活用

2020/6/11 11:52
保存
共有
印刷
その他

ドローン(小型無人機)運用システムのブルーイノベーション(東京・文京)は、空調工事の大成温調やベンチャーキャピタル(VC)などから約6億円を調達したと発表した。ブルーイノベーションがドローン点検システムを開発し、大成温調が手がけるビルや工場の点検に導入して省人化につなげる。

ブルーイノベーションは屋内点検用ドローンのシステム開発を手がける

同社のほか物流会社の五光物流(茨城県筑西市)、新生銀行、三菱UFJキャピタル(東京・中央)などがブルーイノベーションの第三者割当増資を引き受けた。同社はドローンを制御したり、機体のセンサーからデータを集めたりするソフトウエアを手がける。資金は点検向けサービスの開発などに充てる。

大成温調は空調、給排水設備の施工管理や設計を手がける。建設業界で人手が不足していることもあり、工事現場の巡回や配管の点検などにドローンの活用を狙う。両社でシステム開発などを進め、今後1~2年で点検ドローンを現場に導入する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]