/

この記事は会員限定です

フリーハンド確保したFRB

米州総局 後藤達也

(更新) [有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)は10日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、あらゆる手段を活用していく姿勢を改めて強調した。フォワードガイダンスの強化や長期金利の操作も議論した。今回は決定を見送ったが、必要なら活用する姿勢もみせた。経済の先行きは不透明で、どう転んでも対応できるようフリーハンドも確保。株価も大きな混乱は起こらず、うまく乗り切った会合と評価できそうだ。

10日のダウ工業株30種平均は前日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン