FOMC声明要旨「新型コロナは雇用、インフレに重荷」

2020/6/11 3:40
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】10日発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明要旨は以下の通り。

ワシントンのFRB本部=ロイター

米連邦準備理事会(FRB)はこの試練のときに米経済を支え、雇用の最大化と物価の安定の目標を推進するために、あらゆる手段を使うことを約束する。

新型コロナウイルスの感染拡大は、米国と世界中に甚大な人的・経済的困難をもたらしている。ウイルス、および公衆衛生を守るために取った対策は、経済活動の深刻な落ち込みと急激な雇用喪失を引き起こした。

弱い需要と著しく低い石油価格が、消費者物価の上昇率を押し下げている。金融情勢は、経済および米国の家計と企業の信用の流れを支える政策措置もあり、改善した。

現在続いている公衆衛生の危機は、短期的には経済活動、雇用、インフレにとって大きな重荷となり、中期的には経済見通しにとって深刻なリスクとなる。

こうした状況を考慮して、FOMCは、(政策金利である)フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0~0.25%に据え置くことを決定した。経済が足元の状況を乗り切り、最大雇用と物価安定の目標達成に向け軌道に乗ったと自信をもてるようになるまで、この目標レンジを維持すると予測している。

FOMCは、公衆衛生関連の情報も含めた経済見通し、海外の動向、抑制されたインフレ圧力についての情報の監視を続け、経済を支えるために、その手段を用いて適切に行動する。

金融政策のスタンスを調整する今後の時期と規模を判断するにあたって、FOMCは雇用の最大化と物価上昇率2%という目標との比較で経済情勢の実績と見通しを評価していく。労働市場の状況に関する指標や、インフレ圧力・インフレ予想の指標、金融動向や国際情勢を含めた幅広い情報を考慮して判断していく。

家計と企業の信用の流れを支えるために、FRBは、今後数カ月は少なくとも現状のペースで国債、住宅および商業不動産ローン担保証券の保有を増やす。そうすることで、円滑な市場機能を維持し、より広範な金融情勢への金融政策の効果的な伝搬を促進する。加えて、公開市場デスクは、大規模なオーバーナイトおよびタームのレポ操作の提供を続ける。

FOMCは、動向を注視し、適切にその計画を調整すべく準備をする。

決定はパウエル議長及びウィリアムズ副議長を含む10人のメンバー全員の賛成による。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]