/

アディダス、米の新規雇用の3割を黒人・ヒスパニックに

【フランクフルト=深尾幸生】独アディダスは9日、白人警官による黒人男性暴行死事件やその後の抗議デモを受け、米国での新規雇用の少なくとも30%を黒人かヒスパニック(中南米系)にすると発表した。人種差別の是正と黒人の地位向上を支える姿勢を鮮明にした。

アディダスは米国で黒人の新規採用を増やす=ロイター

アディダスと傘下のリーボックで黒人とヒスパニックの従業員比率を引き上げる。また、黒人社会を支援する活動に今後4年間で2千万ドル(約21億4千万円)を投じるほか、黒人従業員が大学で学ぶ際の奨学金も設ける。

アディダスはこれまでヒップホップグループ、ランD.M.C.や米歌手のビヨンセさんなど黒人の著名人と組んだ商品を発売してきた。

カスパー・ローステッド社長は声明で「すべての従業員が安心でき、平等な機会を与えられる環境をこれまで以上に整えなければならない」と述べた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン