/

この記事は会員限定です

新型コロナ患者に再生医療の治験 ロート製薬が計画

[有料会員限定]

ロート製薬が新型コロナウイルスによる肺炎患者を対象とした再生治療の臨床試験(治験)を計画していることが10日、分かった。骨や筋肉などの細胞を再生できると期待される「間葉系幹細胞」をヒトの脂肪から培養して投与し、治療の効果を確認する見込みだ。治験が始まれば、国内では初の取り組みとなるという。

重症患者を対象とする見通し。間葉系幹細胞を体内に投与して、肺の炎症が抑えられるかを調べる。これまでもロート製薬は大阪大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン