逆転チャンス 映画監督 安藤桃子

エッセー
2020/6/17 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小中高の私は、絵に描いたような劣等生だった。通っていた学校は学習院、挨拶は「ごきげんよう」。これまた絵に描いたような心優しいお坊ちゃま、お嬢ちゃまばかりだった。当時は大きないじめもなく、皆仲良く、先生のことが大好きだった。そんな中で私は、かなりの問題児だったらしい。らしいと言うのは、自覚がないからである。

そんな幸せな環境においても、私は集団生活が苦手で、私が私を保つ為には常に魂と意識をどこか遠…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]