貿易金融、540兆円不足 新興国融資に及び腰

2020/6/10 23:00 (2020/6/11 5:04更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

貿易取引を支えるトレードファイナンス(貿易金融)の不足が世界経済の新たなリスクになりつつある。新型コロナウイルスの感染拡大で担い手だったグローバル金融機関が余力を失っているためだ。国際商業会議所(ICC、本部パリ)は5兆ドル(540兆円)が不足すると試算。貿易停滞の長期化を避けるには国際協調が急務となっている。

貿易は製品の輸送に時間がかかるため、モノを売った企業が売上金を回収するまで時間がかか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]