/

「スーパーシティ」自治体公募 9月から 年内に選定

政府は10日、国家戦略特区諮問会議を開き、人工知能(AI)など先端技術を活用した「スーパーシティ」構想を進める地方自治体を年内に選ぶと決めた。9月にも公募する。安倍晋三首相は「世界に誇るスーパーシティの実現に向けて力を合わせて取り組んでほしい」と関係省庁に指示した。

諮問会議は夏までに自治体に求める具体的な構想や実施体制など選定基準を決める。11月ごろに募集を締め切り、年内にスーパーシティ区域を指定する。指定された自治体は住民や関係する事業者の意向を確認したうえでスーパーシティを整備する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン