/

この記事は会員限定です

ボトムアップにこだわり 元日立社長、庄山氏死去

[有料会員限定]

庄山悦彦氏が日立製作所の社長を務めた時期(1999年4月~2006年3月)は、ソニー日産自動車などのトップダウン経営が株式市場から高い評価を受けていた。そのなかで同氏は意思決定が遅いなどと批判され、分の悪いボトムアップ型にあえてこだわった。

代表例が主に部長クラスから優秀な人材を抜てきし、所属部門から切り離して、新規事業や日立の再生策を提案・実行させた制度。「古巣の延長線上で考えるな。過去を断ち切れ」と発破を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン