ボトムアップにこだわり 元日立社長、庄山氏死去

水野 裕司
編集委員
2020/6/10 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

庄山悦彦氏が日立製作所の社長を務めた時期(1999年4月~2006年3月)は、ソニー、日産自動車などのトップダウン経営が株式市場から高い評価を受けていた。そのなかで同氏は意思決定が遅いなどと批判され、分の悪いボトムアップ型にあえてこだわった。

代表例が主に部長クラスから優秀な人材を抜てきし、所属部門から切り離して、新規事業や日立の再生策を提案・実行させた制度。「古巣の延長線上で考えるな。過去を断…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]