/

この記事は会員限定です

ガルーダ航空、社債償還延長で合意 資金繰りにメド

(更新) [有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也】国営ガルーダ・インドネシア航空は10日、同日に猶予期限を迎えた5億ドル(約540億円)の社債の償還を3年間延長することで債権者と合意した。債権者集会後に発表した声明で明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な旅行需要の減少で業績が急速に悪化しており、社債償還が当面の資金繰りの支障になっていた。

声明によると、債権者から社債償還の延長に関し5億ドルの額面ベースで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り252文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン