/

山口県の旭酒造、今年も酒米コンテストを実施

日本酒「獺祭(だっさい)」を製造する旭酒造(山口県岩国市)は10日、今年秋に収穫される酒米「山田錦」を対象にした品質コンテストを実施すると発表した。農家により品質の高い酒米作りに挑戦してもらうのが目的で、昨年に続いて2回目の実施になる。

賞金は1位のグランプリが昨年を上回る3000万円、2位の準グランプリが1000万円。今年は整粒歩合(整った形の米粒の割合)の目標を90%(昨年は99%)に変更するなど、数値よりも酒米に適しているかをより重視して審査する。

昨年は当初160人の農家が参加を表明していたが、天候不順もあり、予備審査に出品したのは45人だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン