/

この記事は会員限定です

株式相場「コロナバブル」の足音 ヘッジファンドも変心

編集委員 川崎健

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済に戦後最悪の不況が迫る中、株式相場は先行きの景気回復期待を頼りに意外高を演じてきた。さすがに足元は株価上昇に一服感が出ているが、次に相場が動くとすれば上なのか下なのか。米金融政策の動向次第では、相場がさらに過熱していくとの見方も出てきた。さながら不況下の「コロナバブル」の到来だ。

朝方は安く始まった10日の日経平均株価はじわじわと値を戻し、小幅高で取引を終えた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン