栃木のPCR検査センター、4カ所に

2020/6/10 19:11
保存
共有
印刷
その他

栃木県は15日、新型コロナウイルスに感染の疑いのある人からドライブスルー方式で検体を採取する「地域外来・検査センター」を新たに開設する。栃木市と壬生町で開業中の医師が必要と判断した場合に、完全予約制で検体を採取する。場所は非公開。県内では宇都宮市、小山市、真岡市に次いで4カ所目になる。

地元医師会ととちぎメディカルセンター、栃木市、壬生町が協力して運営する。地域外来・検査センターは毎週月曜と木曜の午後1時半から2時半に限って開設する。1日当たり最大8人の検体を採取できるという。両市町の住民のほか、単身赴任者らかかりつけ医が地元医師の場合も検査対象に含む。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]