/

長野の八十二銀、信州産CO2フリー電力を店舗で活用

八十二銀行はこのほど、長野県内の店舗で県企業局が運営する水力発電所の電力「信州Greenでんき」を活用し始めた。二酸化炭素(CO2)の排出を伴わない電力を使用することで、温暖化対策やエネルギーの地産地消に貢献する。

大門町支店(長野市)や中野支店(中野市)、上田東支店(上田市)など計6店舗で8日から利用を開始した。なかでも、中野支店や上田東支店は実質的に再生可能エネルギー100%の電気を使用する「CO2フリー店舗」となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン